「満ち足りた生涯」

Topic:人生、ヨブ、死

 

Scripture聖書

16この後ヨブは百四十年生き、自分の子と、その子の子たちを四代目まで見た。

17こうしてヨブは死んだ。年老いて満ち足りた生涯であった。

(ヨブ42:16-17 新改訳2017)

 

16そののち、ヨブは百四十年生き長らえ、孫も曾孫も見ることができました。

17こうしてヨブは十分に年老いるまで生き、幸いな人生を終えたのでした。

(ヨブ42:16-17 リビングバイブル)

 

 

Observation察)

試練の連続、波乱万丈であったヨブの人生の結末が描かれている。

 

①長寿を全うした。

 

②孫も曾孫も見ることができた。

 

③満ち足りた生涯であった。

 

 

Application用)

昨日11/14は親友の命日(11年)。

高校時代に知り合い、友となり、お互いに献身の志を与えられて、同じ神学校に導かれて、いつも励まし合い、祈り合い、切磋琢磨してきた。

互いに22歳で神学校を卒業して、現場に出た。

彼は高校生伝道、僕は小さな開拓教会の現場へと導かれ、遣わされていった。

末っ子タイプで甘えん坊。誰からも好かれるタイプだった彼がガンにおかされていることを知った時はすでに末期だった。

余命半年の宣告の中、8ヶ月の闘病の末、30代半ばで天に凱旋していった。

あれから11年経ち、自分は48歳。50歳の背中が見えてきたアラフィフである。

 

自分の地上での人生はあと何年、あと何日、あと何時間あるのか知る由もない。

果たしてヨブのように長生きするかわからないが、とにかく、精一杯与えられた人生を生きていきたい。

ヨブのように孫や、曾孫の顔を見たいという思いはある。

数年前から僕のビジョンの1つは孫や曾孫と礼拝することである。孫や曾孫と一緒に賛美することである。何代にも渡る主の恵みを見てみたいのである。

 

しかし、いつ天に召されるのかは自分で決められることではないから、主に委ねつつ、期待しつつなのである。

 

ヨブのように試練のオンパレードのような人生であっても、最後は「満ち足りた生涯であった」と言われる人生は幸いである。

逆に、どんなに物質的に満たされてきた、成功してきたように見える人生であっても、最後が孤独であったり、寂しい人生であったら、それは悲劇である。

 

「満ち足りた生涯」を生きるために大切なことは・・・

 

①God first

神を第一にすること

 

②今を喜び、感謝し、満足すること

今を満足できない人はいつまでも満足しない

 

③与えること

与えて、与えて、与える。

Givingの人は結局、満たされるというのが聖書的満足人生の原則である。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

雨降る寒い朝を迎えています。

でも、心の中にはあなたの優しい愛の温もりを感じます。

愛するPastors Teamと一緒にデボーションできる幸いを感謝します。

主よ、僕の人生はここまでの48年、最高、最幸でした。

すでに「満ち足りた生涯」です。感謝します。

その時がいつかわかりませんが、やがてこの地上を去る時が来ます。

その時まで精一杯使命に生きることができるように。

「こうしてTantanは死んだ。年老いて満ち足りた生涯であった。」と称されるような人生を歩ませてください。

すでに4人の娘たちはあなたを信じ、救いの人生を歩んでいますが、さらにやがて見るであろう、孫たち、曾孫たちも救いの恵みに預かり、そして子供達、孫たち、曾孫たちが主の働き手となりますように。

恵みの主イエス様の名前でお祈りします。アーメン