Topic:愛

 

Scripture(聖書)

・・・は自分のやり方を押し通そうとはしません。また、いら立たず、腹を立てません。人に恨みをいだかず、人からいことをされてもにとめません

(第一コリント13:5 リビングバイブル)

 

 

Observation(観察)

「愛の章」と知られ、有名な第一コリント13章。その中の1節。

 

・自分のやり方を押し通そうとはしない。

・いらだたない。

・腹を立てない。

・人に恨みをいだかない。

・人から悪いことをされても気に留めない。

 

 

Application(適用)

この愛の章は、人をさばくための基準ではない。

むしろ、自らを発見し、自らの愛の無さを知ることが大事なのだ。

 

僕はこれまで本当に良い人間関係にも恵まれてきた。

それゆえ、あまり人から悪いことをされたことがない。

あるいは、あまり悪いことをされても気づかないのかもしれない(笑)。

 

でも、そういう鈍感力も愛から来ることをパウロの手紙から教えられる。

 

いらだたたず、腹立てず、恨まず、気に留めない。

 

特に「人から悪いことをされても気にもとめません」という言葉が今日は心に留まった。

 

愛ゆえの鈍感力を大切にしていこう。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

数日続いた強風が止んで、穏やかな心地よい秋晴れの朝を迎えています。

今日はKids Churchの親子遠足です。

楽しい時となりますように。

動物たちを見ながら、創造主である神を知ることができますように。

愛のない者を愛し続け、愛を教え諭してくださり感謝します。

今日も我が家に、教会に、愛が満ち溢れますように。

愛の救い主イエス様の名前でお祈りします。アーメン