「見せつけようとする自分」

Topic 高慢


Scripture

やがて大都市を建設しようという話が持ち上がりました。永久に残る記念碑として、天にも届くような塔を造り、自分たちの力を見せつけようというのです。「こうやって一致団結すれば、あちこちに散らされる心配もなくなるだろう。」そう豪語すると、人々はよく焼いた固いれんがをうず高く積み上げ、アスファルトで固めました。

創世記 11:3-4 リビングバイブル訳

Observation

「自分たちの力を見せつけよう」

彼らは言葉を話し、煉瓦を作り、大都市を作り上げる力を得た。

しかし、それは天まで登り詰めて自分たちの力を見せつけるためだった。結果、主はそれを壊し、人々を散らし、彼らに別々の言葉を与えた。

Application

人は力を得ると高ぶる

それは時に間違った方向に進ませ、神様を悲しませることがある。

天まで登り詰める塔を築こうとした当時の人々は、塔を作れる力を得た。世の中では力があり、能力がある方が評価されやすい。

反対に特別な能力がなく、多くができないと目立たないし評価してもらえないことがある。

だけど、それも同じで力があると人は高慢になる。

自分で何でもできてしまうし、助けを必要としないからだ。

もしかしたら、何もできない方がよっぽどいいのかもしれない。

好きな賛美の一つに「神の子」という曲がある。

その歌詞は・・・

何ができてもできなくても

何を得ても失っても

ただ愛されてる

天の父に

私は神の子

人は何かが出来過ぎてしまうともしかしたら、それに過信し、高慢に陥り、神を頼ることができなくなってしまう。そして神に愛されていることより、自分が何ができるのか、自分がどんな成果を生み出したのかに心が奪われてしまう。だけど、神様が本来僕たちに注いでいる愛はそうではない。

そのままで愛されている。

僕は自分のリーダーシップの無さ、アドミニとしての賜物の無さ、そうしたところばかりに目がいっていた。でも、できていたらもっと、自分の力により頼んでいたかもしれない。それを見せつけ右葉としているだろう。

できない、でも愛されている。それで十分である。

そしてできないからこそ、信頼できる神に頼り、今自分にできることに精一杯になっていこう。

Prayer

愛する天の神様

僕の中にある高慢さを打ち砕き、謙遜にしてください。あなたにより頼みながら2021年も歩めますように。あなたが必要です。あなたが大きくなってください。あなたにそのままで愛されている。それで十分ですと感謝できますように。時に僕に与えられた力が僕を高慢にするなら取り去ってください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン 。