「ジタバタせずに」

「ジタバタせずに」

Scripture そこで王は非常に喜び、ダニエルをその穴から出せと命じた。ダニエルは穴から出されたが、彼に何の傷も認められたなかった。彼が神に信頼していたからである。 ダニエル書6:23 新改訳 Observation  獅子の穴に投げ込まれたダニエルは、無傷だった。 ライオンの巣穴に投げ込まれたら、常識的には命はない。食べられる危険大である。 しかし、ダニエルは無傷だった。 なぜか、彼が神に信頼していたからである。 Application 信頼していたダニエルは穴に投げ込まれようがジタバタする様子は聖書に記されていない。 一方、王様は大慌て。心ここに在らずという状態だった。...

Read more
「必ず捜し出す」

「必ず捜し出す」

Scripture 11主は語ります。「わたしは自分の羊を必ず捜し出す。 12羊飼いのように、わたしの群れを捜し回る。あの暗雲に包まれた日に散らされて行った所から、わたしの羊を捜し出し、救い出す。 エゼキエル書34:11−12 リビングバイブル訳 Observation  自分の羊をなんとも思わない羊飼いがいた。 羊たちは放っておかれて、ついには散り散りになってしまう。 神様はついに業を煮やす。 もう黙っていられない。もう放っておけない。 「わたしが捜し出す。見つけるまで捜し回る。」「そして、救い出す。」 Application 暗闇に包まれたところへ散らされてしまった羊たちを救い出すために、見つかるまで、捜しだすまで放っておかないと言われた神様がいる。...

Read more
「揺さぶられても」

「揺さぶられても」

Scripture 16すると、神の前の席にいた二十四人の長老が、地にひれ伏して礼拝し、声をそろえて神を賛美しました。 17「今も、昔も存在される全能の神、主に心から感謝します。あなたが偉大な力を発揮して、世界を支配する王となられたからです。  ヨハネの黙示録11:16−17 リビングバイブル訳 Observation 神様、イエス様が全てを支配してくださっている。 そのことを感謝し、賛美する長老たちの姿があった。 続く、19節には。。。「19その時、天にある神の神殿が開け放たれ、中に契約の箱が見えました。いなずまが走り、雷鳴がとどろき、大粒の雹が降って、全世界は大地震で揺れ動きました。」とある。 人生において、大地震のように揺さぶられることがある。...

Read more
「真の愛」

「真の愛」

Topic 愛 Scripture  「神に対する私たちの愛ではなく、私たちに対する神の愛によって、私たちの罪へのなだめとして、神のひとり子が遣わされました。ここに真の愛があるのです。」 第一ヨハネの手紙 4:10 リビングバイブル訳 Observation 無条件で愛してくれる神様がいる。 神様は、僕たちが何か条件を満たしたから愛しているのではない。 一方的に、神様の側から無条件で僕たちを愛してくれている。 Application...

Read more
「本当の勝利」

「本当の勝利」

Scripture 10その時、シモン・ペテロは剣を抜き放ち、大祭司の部下、マルコスの右の耳を切り落としました。 ヨハネの福音書18:10 リビングバイブル訳 Observation  ユダをはじめ、パリサイ人そして兵士と武器を持った一隊がイエス様と弟子たちを取り囲んだ。 イエス様が「誰を探しにきたのか?」と尋ねると兵士たちは「ナザレのイエスだ」と答える。 するとイエス様は、「わたしがそれだ」とお答えになる。 イエス様は自分だけが捕まればいいのだから、他のものは帰していいだろうと言う。 それを聞いて後、ペテロは何を思ったのか、剣を抜いてマルコスという人物の耳を切り落とした。 よく言われるが、本当にペテロは血気盛んだったからだけで剣を抜いたのだろうか?...

Read more
「涙があふれたイエス様」

「涙があふれたイエス様」

Topic よみがえり Scripture 33イエスは、目の前でマリヤが泣き伏し、ユダヤ人たちもいっしょに嘆き悲しんでいるのに強く心を動かされ、 34「ラザロはどこですか」とお聞きになりました。「来て、ごらんください。」 35イエスの目に涙があふれました。 ヨハネの福音書11:33−35 リビングバイブル訳 Observation  死んだはずのラザロがついによみがえる瞬間である。 劇的な11章のクライマックスが近づいてきた。 イエス様は、この奇蹟を行われるその直前に・・・「涙を流された」 マリヤが涙し、周りにいた人も涙している姿がそこにはあり、そして目の前で確かに死んでいるラザロをイエス様も目にされた。そして、イエス様は涙を流されたのだ。...

Read more
「行かなければならなかった」

「行かなければならなかった」

Topic 救い Scripture しかし、サマリアを通って行かなければならなかった。 ヨハネの福音書4:4 新改訳2017 Observation 当時、ユダヤ人とサマリヤ人は犬猿の仲であった。 サマリヤ人の領地を通ればガリラヤまでは1番の近道だった。けれど、ユダヤ人は絶対にそれをせず、わざわざ遠回りしてでも別の道を選ぶほど。 もちろん、敵対するサマリヤの土地に入ろうものなら何をされるか分かった物ではない。 イエス様は、そのような危険なところに「行かなければならなかった。」 たまたま通って、井戸で女性に会ったのではない。 イエス様はこの女性に会わなければならなかった。 彼女を救い出さねばならなかった。 だから、危険な道であるサマリヤを通っていかなければならなかった。...

Read more
「心配してくれる神様」

「心配してくれる神様」

Topic 心配 Scripture あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。 1ペテロの手紙 5:7 新改訳2017 Observation 心配は尽きない。 一度、心配が晴れてもまた次に心配がやってくる。 人は、まるで心配製造機である。 僕自身もそれは否めない。 思い煩うことが全くないという日がない。 むしろ、自分の頭の中でグルグルといつも何かを思い煩っている。 しかし大先輩ペテロ先生は、いっさいを神に委ねよとアドバイスしてくれた。 Application 僕らがいっさいを委ねる神様はどんな方なのか? 「神があなたがたのことを心配してくださるから」 心配してくれる神様。 気にかけてくれる神様。...

Read more
「駆けつけてくれる神」

「駆けつけてくれる神」

Topic 助け Scripture 天の軍勢の主は、確かに私たちの味方です。 ヤコブの神であるこのお方が、 駆けつけて助けてくださいました。 詩篇 46:11 リビングバイブル訳 Observation 「やめよ。知れ。わたしこそ神。」で有名な詩篇46篇。 英語では、”Be still, and know that I am God.”誰が神であるのか、静まって知りなさい。どんな嵐の中にいても一度、立ち止まり、静まる中で神様がいることを知りなさいと言われる。 騒がしい中にいると気づけないことがたくさんある。しかし、立ち止まって静まる中で気づくことがある。 Application 立ち止まり、静まる中で神様がいることを知る。その神はどのような神様なのか。...

Read more
「イエスの御名を掲げる」

「イエスの御名を掲げる」

Topic 希望、救い主 Scripture 10その日、エッサイの家から出て ダビデ王朝を開いたお方は、 全世界の人々の救いの旗となって翻ります。 この方のいる地は栄光のとどまる所となるので、 国々の民がこの方のもとへ集まります。 イザヤ書11:10 リビングバイブル訳 Observation 1節を見ると、ダビデ王の家系は切り倒されてしまう。 しかし、切り倒されたはずの木、切り株から何と新芽が出てくるのだ。 それがさらに育ち、一本の若枝となる。 この若枝こそ、救い主イエス・キリスト。 Application 17周年のアニバーサリー礼拝は、「旗を掲げよ」だった。 掲げるべき旗が与えられている。...

Read more