「心配してくれる神様」

Topic 心配

Scripture

あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。

1ペテロの手紙 5:7 新改訳2017

Observation

心配は尽きない。

一度、心配が晴れてもまた次に心配がやってくる。

人は、まるで心配製造機である。

僕自身もそれは否めない。

思い煩うことが全くないという日がない。

むしろ、自分の頭の中でグルグルといつも何かを思い煩っている。

しかし大先輩ペテロ先生は、いっさいを神に委ねよとアドバイスしてくれた。

Application

僕らがいっさいを委ねる神様はどんな方なのか?

「神があなたがたのことを心配してくださるから」

心配してくれる神様。

気にかけてくれる神様。

放っておかれない神様。

むしろ身を乗り出して話を聞いてくれる方。

人に何かを相談したり、思い煩いを打ち明けても聞いてもらえていなかったり、右から左に流されていたらとっても悲しい。

先日、僕は自分がそういう態度をとっていることに気付かされた。

相手は、僕を頼り相談してくれているのにその話を聞いて、受け止めてあげるのではなく、僕は聞き流していたり、むしろ責めていたという。

なんて酷い。

でも神様は、僕たちのことを誰よりも気にかけ心配してくれている。

僕たちがいっさいを話す前から、心配してくれている。

このかたに、自分の思い煩いを明け渡そう。

Prayer

愛する天のお父さん

あなたはいつ何時でも僕のことを心配し、僕の思い煩いを受け止めてくださいます。なのに僕ときたら、自分は誰かの話を聞けず、相手を心配できず自己中心です。どうか相手を思いやり心配できるものへと変えてください。でも、そんな僕の心配を受け止めてくれる神様がいることを感謝します。あなたに思い煩いを明け渡します。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。