Skip to content Skip to footer

Remember the LORD

Remember the Lord

Scripture:
“But that is the time to be careful! Beware that in your plenty you do not forget the Lord your God and disobey his commands, regulations, and decrees that I am giving you today.” — Deuteronomy 8:11 NLT

“Remember the Lord your God. He is the one who gives you the power to be successful, in order to fulfill the covenant he confirmed to your ancestors with an oath.” — Deuteronomy 8:18 NLT

Observation:

When things are going well, it is easy to forget where we once were. Moses warns the Israelites before they go into the Promised Land. He is also speaking to us that in the times when we are amidst the blessing of God, we are to be careful. In those times, pride, “I did this myself and through my own efforts and power,” can slip in, and it could lead us into sin and disobedience.  God is the source of our power to be successful and the spring of blessings we receive. He is faithful to His Oath and promises, but we, too, need to be in obedience to Him. We are to remember Him in every season of our lives, not just in the trials, storms, and challenges.

Application: 

How can we remember Him through every season? 

  1. Prayer. This will keep our focus on God. We are opening our hearts to Him and conversing with our Creator and Lord. We are humbling ourselves before the Lord God Almighty. It is a time of confession and repentance. However, it is not just asking the Lord for this or that; rather, our prayers should lead us to the next part – praise.
  2. Praise. When we are praising and worshipping God in song and thanksgiving, let our spirit, body, and mind all be focused on specific praise of thanksgiving. Praise and worship is not only song, but it is the way we live. Our whole lives and what we are doing with the life we are blessed with should reflect our worship of God.
  3. Devotions. Being in the Word of God will remind us of the truth. We can allow the Holy Spirit to speak into our lives and to allow us to be reminded of the path we are to be on. By daily being in the Word of God, we can allow it to be our standard of how we should be living. It will speak to us and help point out areas that we need to be attentive to in our lives. 

Prayer: 

Heaven Father, God Almighty, Holy are you and I come before you and thank you for the Word you have spoken to me about this morning. I confess times that I have let my pride steal your glory. I ask for your forgiveness and I humble myself before You. Jesus, help us to keep centered upon you in every season of life we go through. We are grateful for your blessings and choose to obey You. We love you and ask of this in Your Name, Jesus. Amen!

 

主を思い出す

聖句です。
“しかし、その時こそ気をつけなければならない。あなたのたっぷりした中で、あなたの神である主を忘れ、私が今日あなたに与えるその命令、規則、定めに背かないように気をつけなさい。” – 申命記8:11 NLT

“あなたの神である主を思い出しなさい。主は、あなたの先祖に誓いを立てて確認された契約を果たすために、あなたに成功する力を与えてくださる方である。” – 申命記8章18節 NLT

観察する。

物事がうまくいっているときは、かつて自分がいた場所を忘れてしまいがちです。モーセはイスラエルの民が約束の地に行く前に警告しています。また、神の祝福の中にいる時代には、気をつけなさいと語りかけています。そのような時、「自分が、自分の努力と力でやった」というプライドが入り込み、罪と不従順に陥る可能性があります。  神様は、私たちが成功するための力の源であり、私たちが受ける祝福の泉です。神はその誓いと約束に忠実ですが、私たちもまた、神に従う必要があります。私たちは、試練や嵐、困難のときだけでなく、人生のあらゆる場面で神を思い出すのです。

応用編です。

私たちはどのようにして、あらゆる季節を通して主を思い出すことができるでしょうか?

祈りましょう。これは、私たちの焦点を神に向け続けるものです。私たちは神に心を開き、創造主であり主である神と対話するのです。私たちは全能の神である主の前に謙虚になります。それは告白と悔い改めの時です。しかし、ただ主にあれこれとお願いするのではなく、私たちの祈りは次の部分、すなわち賛美へとつながるものでなければなりません。
賛美することです。歌と感謝で神を賛美し、礼拝するとき、私たちの霊、体、心のすべてが、具体的な感謝の賛美に集中するようにします。賛美と礼拝は歌だけでなく、私たちの生き方でもあります。私たちの全生活や、恵まれた命を使って行っていることは、神様への礼拝を反映しているはずです。
デボーション。神様の御言葉の中にいることで、真理を思い起こすことができます。聖霊が私たちの人生に語りかけ、私たちが歩むべき道を思い起こさせてくれるのです。毎日、神の言葉に触れることで、私たちは神の言葉を、私たちがどう生きるべきかの基準とすることができるのです。御言葉は私たちに語りかけ、私たちの生活の中で注意深くなるべき点を指摘してくれるでしょう。
祈りましょう。

天の父、全能の神、あなたは聖なる方です。私はあなたの前に出て、今朝あなたが私に語ってくださった御言葉に感謝します。私は、自分のプライドがあなたの栄光を奪ってしまったことがあることを告白します。あなたの許しを請い、あなたの前にへりくだります。イエス様、私たちが人生のどのような時期においても、あなたを中心に据えることができるように助けてください。私たちはあなたの祝福に感謝し、あなたに従うことを選びます。私たちはあなたを愛し、あなたの御名、イエス様によってこのことをお願いします。アーメン!

Leave a comment

0.0/5

instagram

New Hope Yokohama © 2024. All Rights Reserved.