祈るという選択

Scripture

その人は続けました。「ダニエル、恐れることはない。あなたが神の前で断食し、幻の意味を悟ることができるように祈り求めた最初の日に、あなたの願いは天において聞かれ、すでに答えられているからだ。その日に、私はあなたに会うため、ここに遣わされていた。

ダニエル書 10:12 JCB

 

Observation

ダニエルの祈りは、祈り始めた時にすでに神様に聞かれていた。

祈り始めた時に、すでにダニエルの願いは天に届いていて、答えられていた。9章には、「というのも、神はダニエルを非常に愛しているからだ。」と、御使いは言っている。

神様は、非常に愛している私たちの祈りを、私たちが祈り始めた時に、待ち構えていたかのように、すぐに聞き、答えてくださる。

マタイの福音書には、神様は私たちが祈る前から、必要を知ってくださっているとある。

神様にとって、どのように祈ったか、どのような祈りの言葉を並べたかが重要なのではなく、私たちが神様に信仰を置き、神様に求めることを選び、神様を見上げ、神様に行使権を委ねるという「祈ることを選ぶ」かどうかが重要なんだと思わされた。

 

Appication

私たちは問題や、計画を自分の力で乗り越え達成しようとしてしまう。ダニエルが悟れることができるようにと、理解する知恵すら神様に求めるような、神様に寄り頼む選択が、大切なんだと改めて思わされた。

祈りは、信仰がなければ、神が存在することを認めなければできないこと。

だから、何事も「祈る」という選択をまず選びたい。そして、イエス様が、祈るときはすでに聞かれていると信じて祈りなさいと言われたように、この愛の神様を信じて、大胆に祈ろう。

 

Prayer

神様、今日もあなたがどれだけわたしたちを愛し、また、わたしたちを導き、守り、共にいてくださる方であることを教えてくれてありがとう!

どんな時でも、私があなたに「祈り求める」ことを選ぶことができるように、自分でもできることはもちろんするけど、何よりまず、あなたに助け求める者へと変えてください。そして、大胆に祈り求めていきます!!!

神様、大好きです!

In Jesus name Amen