Skip to content Skip to footer

「強い大軍を目の前にしても」

Topic:戦い、信仰

 

Scripture(聖書)

1いに出て行って、自分たちよりはるかにい大を目の前にしても、の数に恐れをなしてはいけません。エジプトから安全に助け出してくださった主がついておられます。 

2う前に、祭司はイスラエル全にこう告げなさい。 

3『みなよくけ。今日のいを恐れてはならない。 4あなたがたの神、主がわれわれの味方だ。主がわれるからには、利は間違いなくわれわれのものだ。』

(申命記20:1-4 リビングバイブル)

 

 

Observation(観察)

イスラエルの民が戦いに直面した時は・・・

 

①敵の多さや武器を見て恐れるな。

 

②主がついている。

エジプトから安全に助け出してくださった主。

 

③主が戦われる。

 

④祭司はイスラエル全軍を励まし鼓舞する。

 

 

Application(適用)

誰にとっても人生には戦いがある。

信仰者として生きることも、もちろん種々の戦いを経験する。

しかし、信仰者は戦いにおける知恵が与えられている。

いや、それどころか勝利が約束されている。

それゆえ、恐れなくて良いのである。

どんなに戦況が不利に見えても、である。

 

主がついている。主が味方。

これほど強力な後ろ盾はない。

 

敵の多さや武器を見て、戦略を立てることも重要なことである。

しかし、そこに必要以上に心を奪われると心は恐れに支配されてしまう。

人は目から入ってくるものの影響を受けやすいからだ。

それゆえ、敵よりも主を見ることである。

 

信仰の始者であり、完成者であるイエスから目をさないでいなさい。

(ヘブル12:2 新改訳)

 

コロナ、ワクチン、戦争・・・世の中には様々な情報が飛び交っている。

フェイクニュースという言葉もあるほど、何が本当で何が嘘なのか、見分けがつかないほど情報が溢れている。

 

このような時こそ、私たちは慌てず主を信仰の目をもって見ることである。

主を見上げるのだ。主を仰ぎ見るのだ。

チラ見ではダメだ。

目を離さないように、と言われるほど主を見ることだ。

 

すると恐れは消え去り、平安に包まれ、直面している戦いに対する知恵が与えられるものだ。

 

そして、祭司の如く、牧師は、リーダーはチームを励まし、鼓舞する言葉を語ることが重要であることも教えられる。

 

今日のいを恐れてはならない。あなたがたの神、主がわれわれの味方だ。主がわれるからには、利は間違いなくわれわれのものだ

 

今日主がついていてくださることを感謝し、恐れず、今日の戦いに出て行こう。

そして、今日戦いのなかにある方々を励まそう。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

気温も高くなってきて、いよいよ春らしい爽やかな土曜の朝です。

人生には様々な戦いがありますが、あなたがついていてくださる。

全能の主であるあなたが味方ですから、何も恐れることはありません。

敵を見て恐れるのではなく、あなたを見ます。

また、戦いの中にある者たちを励ます者ともならせてください。

救い主イエス様の名前でお祈りします。アーメン

 

Leave a comment

0.0/5

instagram

New Hope Yokohama © 2024. All Rights Reserved.