Scripture

そこで王は非常に喜び、ダニエルをその穴から出せと命じた。ダニエルは穴から出されたが、彼に何の傷も認められたなかった。彼が神に信頼していたからである。

ダニエル書6:23 新改訳

Observation 

獅子の穴に投げ込まれたダニエルは、無傷だった。

ライオンの巣穴に投げ込まれたら、常識的には命はない。食べられる危険大である。

しかし、ダニエルは無傷だった。

なぜか、彼が神に信頼していたからである。

Application

信頼していたダニエルは穴に投げ込まれようがジタバタする様子は聖書に記されていない。

一方、王様は大慌て。心ここに在らずという状態だった。

こうして王は宮殿に帰り、一晩中断食をして、食事を持って来させなかった。また、眠けも催さなかった。王は夜明けに日が輝き出すとすぐ、獅子の穴へ急いで行った。その穴に近づくと、王は悲痛な声でダニエルに言った。「生ける神のしもべダニエル。あなたがいつも仕えている神は、あなたを獅子から救うことができたか。」

ダニエル書6:18−20 新改訳

必死にダニエルが助かるように断食し、気が気でなかった。

夜があけるとすぐさま巣穴へと駆け足。

悲痛な声でダニエルの安否を確認する。

王様の慌てようはまるで自分のようだ。

何か大変なことが起こると慌てて、動揺してしまう。そして、ジタバタする。

だけど、ダニエルはじっと巣穴で神様にただ信頼していた。

1、問題が起こるとどうしても慌ててしまいやすい

2、だけど、ジタバタすると余計、不安になる

3、じっと、神様を待ち望み信頼しよう。

詩篇130:5

私は主を待ち望みます。私のたましいは、待ち望みます。私は主のみことばを待ちます。

神様が救い出してくださる。守ってくださる。神様が動いてくださることを待ち望める者でありたい。

Prayer

愛する天のお父さん

僕はどうしても問題が起こると慌ててしまいます。でも、ダニエルのように主を待ち望み、主に信頼していくことができますように。私たちを救い出すことができ、守通してくださる神様が動いてくださることを信じます。

イエスさまのお名前によってお祈りします。アーメン。