Skip to content Skip to footer

「イエス様のことばを思い出す」

Topic:ペテロ、みことば、悔い改め

 

Scripture(聖書)

するとすぐ、が二度目にくのがこえました。その瞬ペテロは、「が二度く前に三度わたしを知らないと言います」という、イエスのことばを思い出したのです。ペテロは激しく泣きくずれました。

(マルコ14:72 新改訳リビングバイブル)

 

 

Observation(観察)

マルコ14章はものすごく展開が早い。

 

ナルドの香油、イスカリオテ・ユダの裏切り、最後の晩餐、聖餐式、ゲッセマネの園での祈り、イエス様逮捕、三度イエス様の否んだペテロ。

 

目まぐるしく展開していく。

いよいよイエス様の十字架の死が迫ってくる。

 

この14章の最後は三度もイエス様を否んだペテロが鶏の二度の鳴き声で、イエス様の言葉を思い出して泣き崩れるという印象的なシーンで終わる。

 

 

Application(適用)

絶対に自分だけは裏切らないと豪語していたペテロ。

 

29すると、ペテロが言いました。「だれがどうあろうと、私だけは、この私だけは絶対にあなたをてません。」 

30イエスは、「ペテロよ。あなたは明日の朝、が二度く前に、三度わたしを知らないと言うでしょう」と言われました。

31「とんでもない!たとえ死んでも、絶対にあなたを知らないなどとは言いません。」ペテロは大声で言いはりました。ほかの弟子たちも、口々に誓い始めました。

 

しかし、この後、ペテロはイエス様が言っていた通り、裏切ってしまう。

自己保身のために一度、二度、三度もイエス様を知らないと否むのだ。

 

否んでいる最中は、保身のことで頭がいっぱいでイエス様を裏切っていることすら気づいていない。

しかし、二度の鶏の鳴き声で我に帰る。

そして、イエス様のことばを思い出したのだ。

 

イエス様のことばを思い出すことがペテロの悔い改めに繋がる。

みことばがずれてしまった自分を正し、矯正してくれるのだ。

常日頃からみことばを聞く、みことばに触れていることが必要だ。

どんなに失敗しても、みことばを覚えていれば立ち返ることが出来るのだ。

ペテロのように何度失敗したとしても、である。

 

それゆえ、僕は

 

①みことばを聞き続ける。

 

②みことばを覚える。

 

③みことばを語り続ける。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

気持ちいい火曜日の朝を感謝します。

教会暦でも今はレント(受難節、四殉節)。

これから、受難週、イースターへと向かっていく時期であるが、まさに今日のマルコ14章は一気にイエス様の十字架が近づいてくるシーン。

闇の力が勢いを増しているように見えるシーン。

すべての弟子がイエス様から離れていく。

あのペテロですらイエス様を三度も否定してしまう。

しかし、ペテロは主のことばを、みことばを、思い出した。

そこから悔い改めへと導かれ、やがては初代教会の牧師として大いに用いられていく。

「鍵」はみことばでした。

主よ、僕はペテロ以上にあなたを何度も裏切ってしまうような者です。

ペテロがそうであったように、みことばによって、悔い改めへと導き、矯正してください。

日々、みことばを覚え、僕が逸れてしまう時、みことばを思い出すことができますように。

そして、この主のことばを語り続ける者とならせてください。一人でも多くが主に立ち返るために。

イエス様の名前でお祈りします。アーメン

 

Leave a comment

0.0/5

Welcome to New Hope Yokohama!