「はい、主よ!」

Scripture

イエスが家に入られると、その人たちがみもとに来た。イエスが、「わたしにそれができると信じるのか」と言われると、彼らは「はい、主よ」と言った。

マタイの福音書9:28 新改訳2017

Observation

目の見えない二人組の信仰に驚かされる。

彼らはいったい、いつから目が見えなかったのか?生まれてからずっとか?それとも途中からなのか?

しかし彼らの耳にも届いていただろう。

「イエスが死んでいたはずの少女を生き返らせた」

彼らはイエスを見るとすぐさま叫んだ。「ダビデの子よ!私たちをあわれんでください!」

Application

彼らはイエス様に「あわれんでください!」と叫んだ。なぜ叫んだのか?

信じていたからだ。

イエスという者ならば、必ずこの目を開き、癒すことができるのだと。実際にイエス様に、「わたしにそれができると信じるのか」と聞かれた彼らはすぐに「はい、主よ」と言った。そして、彼らは目が癒され見えるようになった。

この順番に感動する。

目が見えるようになったから、信じたのではない。

信じた先に、癒しがあり、見えなかった目の解放があった。どうしても見せてもらってからじゃないと信じられない自分がいる。経験してからではないと疑ってしまう自分がいる。

だけど、目の見えなかった2人のようにイエス様をとことん信じるものとなりたい。

信じるのか?と聞かれて、「はい!」と信仰告白するものでありたい。Yes Lord, Yes Lord, Yes Yes, Lord!

はい主よと信じ告白し、主のわざを体験したい。イエス様は最後にこう言われた。「あなたの信仰のとおりになれ。」

Prayer

愛する天のお父さん

僕の中に信じることのできない心があります。疑ってしまう心があります。信仰を与えてください。信仰を増し加えてください。はい主よと告白するものとならせてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン