「絶妙な配置」

Topic:配置、DCAT、教会

 

Scripture聖書

神様は、私たちの体をそのように造られたのではありません。体を形成するために多くの部分を造り、配置されました。

(第一コリント12:18 リビングバイブル)

 

 

Observation察)

体の各器官にはそれぞれの異なった役割がある。

同じでなくて良い。

むしろ違っていて良い。

そして、それぞれの配置にも絶妙な神様の采配があるのだ。

それは決して偶然やたまたまの産物ではない。

意図的なポジショニングなのだ。

 

 

Application用)

教会をからだにたとえるパウロ独特の表現。

今日、特に心に留まった言葉がある。

 

「配置」という言葉である。

 

野球やサッカー等、チームスポーツにおいて重要なことの1つはそれぞれの配置。

そして、その配置を決定するのは監督の役割。

それぞれが持っている能力を最大限に引き出し、最も効果的なパフォーマンスをし、チームとして勝利を掴みに行くのだ。

 

NHYは「チームでする教会づくり」を掲げて今日まで来た。

Doing church as a team(通称:DCAT)である。

それぞれの賜物を生かして仕え合う。

 

しかし、配置が合っていなければ、効果は半減である。

僕は牧師として、改めて主に知恵とリーダーシップを祈り求め、牧会チーム、カウンシルチームとも祈り合い、話し合い、より良い配置でDCATを進めていきたい。

 

1人でも多くの失われた魂を獲得するために。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

教会を感謝します。

すべての人に器官としての大切な役割と使命が与えられていることを感謝します。

あなたは人のからだを絶妙な配置でお造りになりました。

主よ、牧師としてそれぞれの賜物や情熱を見極め、最高の配置でDCATを進めていくことができるように導いてください。

そうして、より強固なチームとして失われた魂にリーチしていくことができますように。

教会の主であるイエス様の名前でお祈りします。アーメン