「私の祈りの友になってください」

Topic:祈り、友、パウロ

 

Scripture(聖書)

どうか、私の祈りの友になってください。主イエスキリストのゆえに、また、によってあなたがたが私をするのゆえに、私のきのため、共に精一杯祈ってください。

(ロマ15:30 リビングバイブル)

 

兄弟たち、わたしたちの主イエスキリストによって、また、が与えてくださるによっておいします。どうか、わたしのために、わたしと一に神に心に祈ってください、

(ローマ15:30 新共同訳)

 

兄弟たち。私たちの主イエス・キリストによって、また、御霊の愛によってお願いします。私のために、私とともに力を尽くして、神に祈ってください。

(ローマ15:30 新改訳2017)

 

 

Observation(観察)

パウロがローマ教会に書き送った手紙。

「信仰義認」といったキリスト教の重要な神学が語られてきた手紙。

 

その手紙の終盤でパウロは祈りを要請する。

 

[リビングバイブル]私の祈りの友になってください。

[新共同訳]わたしのために、わたしと一緒に神に熱心に祈ってください。

[新改訳2017]私のために、私とともに力を尽くして、神に祈ってください。

 

 

Application(適用)

2022年の大きな恵みの1つは牧師の友達が増えた、ということ。

牧師会や会議、カンファレンスで顔を合わせるだけの友達ではない。

何か一緒にミニストリーやプロジェクトを行う同労者でもない。

もちろん、そういう要素もあるのだけれど、もっと人格的交わりのある友達である。

一緒に笑い、泣き、悩み、食べ、遊び、祈る・・・そういう牧師の友達が今年はグッと増やされた。

それも、超教派的に色々な教団、グループの友達である。

本当に感謝だ。

 

牧師によって牧会のスタンスというか、教会メンバーとの距離感が違うような気がする。

僕はパウロがローマ教会に要請したように、1つは「祈りの友」であると思っている。

僕はこの「祈りの友」という表現が好きだ。

「友」という言葉を使う時、上下関係は消える。

もっと平行の関係だ。

 

僕はNHYに祈りの友が沢山与えられている。

そして、僕自身も愛するNHYオハナ1人1人の祈りの友となりたいと願っている。

 

今日は久しぶりにNHYのLeadersの集まりである。

みんなで祈り合おう。

祈りの友との交わりを楽しもう。

 

そして、来年はもっともっとLeadersとの交わりや祈りの頻度をあげたい。

というのもコロナの影響もあったが、今年Leadersの集まりを怠り過ぎた。

完全に自分の怠慢であり、悔い改めて、改善しなければならない。

 

足りない、本当に足りないだらけの主任牧師を支えてくれているLeaders、祈りの友となって支えてくれるLeadersに感謝しかない。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

今朝は愛するNHYのリーダー達と共にクリスマスを祝うために集まりました。

まず、こうして共にデボーションして、主の声に聞くことができる恵みを感謝します。

パウロは祈りの友となることをローマ教会に要請しました。

僕は今年多くの祈りの友が与えられました。

何よりNHYのオハナは僕の祈りの友です。

この素晴らしい教会を感謝します。

僕自身も誰かの祈りの友となり、祈りの友の輪を広げていくことができますように。

その祈りの輪が宣教の前進に繋がり、リバイバルに繋がることを期待します。

今日も欠けだらけの私を「友」と呼んでくださるイエス様の名前でお祈りします。アーメン