「私たちはどうすれば良いのでしょうか」

Topic:悔い改め、バプテスマのヨハネ、行動

 

Scripture(聖書)

10はヨハネにねた。「それでは、私たちはどうすればよいのでしょうか。」

11ヨハネは答えた。「下着を二枚持っている人は、持っていない人に分けてあげなさい。食べ物を持っている人も同じようにしなさい。」

12取税人たちもバプテスマを受けにやって来て、ヨハネに言った。「先生、私たちはどうすればよいのでしょうか。」

13ヨハネは彼らに言った。「められた以上には、何も取り立ててはいけません。」

14兵士たちもヨハネにねた。「この私たちはどうすればよいのでしょうか。」ヨハネは言った。「だれからも、金を力ずくでったりし取ったりしてはいけません。自分の料で足しなさい。」

(ルカ3:10-14 新改訳2017)

 

 

Observation(観察)

バプテスマのヨハネは悔い改めのメッセージを語り、人々の心に迫った。

そのメッセージに応答した3種類の人々とそれぞれに対するヨハネの具体的アドバイスが描かれている。

 

①群衆

下着や食べ物を分け与える。

 

②取税人たち

決められた以上に取り立てない。

 

③兵士たち

誰からも力ずくで奪ったり脅し取ったりしてはならない。

自分の給料で満足する。

 

つまり、貪欲を遠ざけ、与えられているもので満足すること。

また、他者を思いやり、分かち合うことを勧めたのだ。

 

逆に言うと、群衆は分け与えることをせず、

取税人は決められた以上を取り立て、

兵士たちは自分の給料で満足せず、力ずくで奪ったり脅し取ったりしていた、ということなのだろう。

 

 

Application(適用)

悔い改めとは心の中の動きと言える。

心の中が神に方向転換することである。

しかし、その心の動きは具体的行動となって表れてくる。

 

本当に悔い改めた者は、悔い改めの実を結ぶ。

つまり、誰の目にも分かるものとなって表れてくるのだ。

 

①貪欲を遠ざける。

 

②与えられているもので満足する。

 

③分かち合う。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

嵐の朝ですが、今朝は若いリーダーたちとデボーションできる幸いを感謝します。

主よ、今日も己の罪、貪欲さを御前に悔い改めます。

主よ、あわれんでください。

貪欲を遠ざけ、与えられているもので満足し、分かち合い、悔い改めの実を結ぶ者とならせてください。

今日も愛されていること、赦されていること、生かされていることを感謝します。

愛する救い主イエス様の名前でお祈りします。アーメン