Topic:信仰、従順、テスト

Scripture(聖書)
1こののち、神はアブラハムの信仰と従順を試しました。
「アブラハム。」
「はい、神様。」
2「あなたのひとり息子を連れてモリヤへ行きなさい。そう、愛するイサクを連れて行くのだ。そして、わたしが指定する山の上で、完全に焼き尽くすいけにえとしてイサクをささげなさい。」
3アブラハムは明くる朝早く起きると、祭壇で燃やすたきぎを作り、ろばに鞍をつけて出かけました。息子イサクと若い召使二人もいっしょです。
(創世記22:1-3 リビングバイブル)

 

Observation(観察)
創世記22章は有名なアブラハムが愛する息子イサクをささげるシーンである。

①神はアブラハムの信仰と従順を試された(テスト)。

②テスト内容は愛する息子をいけにえとしてささげること。

③アブラハムは翌朝早く起きて出かけた。(従順)

 

Application(適用)
今だったら、これは「虐待」としてとらえられてしまうだろう。
いや、アブラハムの時代であっても、これは有り得ない神様からの要求だったに違いない。

イサクは、ようやく与えられた待望の息子である。
それなのに、なぜ神様は息子をお取りになるのだ?

その辺りの心の葛藤を聖書は描いていない。
目を閉じ眠ろうとしても、全く寝付けなかったのではないだろうか。
結局、一睡も出来ないまま、夜明けを迎え、意を決して主に従うために立ち上がるアブラハム。

僕は、そんな姿を想像している。

とにかく、アブラハムは主の言葉に従うことを決意した。
何日も、何週間も迷うことをしなかった。
明くる朝早くに行動し始めた。

アブラハムは主のテストにパス(合格)した。
その結果、大いなる祝福を約束される。

16「あなたはよくわたしの言うことを聞いた。愛する息子をさえ惜しまずに、わたしにささげようとしたのだ。神であるわたしは誓う。
17想像もできないほどあなたを祝福し、子孫を増やそう。空の星、海辺の砂のように、数えきれないほど大ぜいに。あなたの子孫は敵を征服し、
18世界中の国々に祝福をもたらす。それはみな、あなたがわたしの言うことに従ったからだ。」
(創世記22:16-18 リビングバイブル)

この有名なアブラハムのストーリーから、信仰者として大切2つのことを教えられる。
それは、ごくシンプルなことである。

①主の呼びかけを聴く。

②主の言葉にすぐに従う。

シンプルだが、それは簡単ということではない。
これが、なかなか難しい。
だから、テストされるのだ。

しかし、この信仰のテストをパスできるようにイエス様が今日も祈っていてくださることも忘れてはならない。

 

Prayer(祈り)
主よ。
あっという間に年が明けて1週間が経ちました。
止まることなく流れ続ける時の流れの中で、何を大事にしていくべきか。
何を第一にして生きるべきか改めて教えてくださり感謝します。
アブラハムの信仰に倣い、日々、主の声を聴き、主を第一とし、主に従う者とならせてください。
主によって語られ、示された言葉に即座に従い、行動する者とならせてください。
救い主イエス様の名前でお祈りします。アーメン