Skip to content Skip to footer

「目を奪われるもの」

Topic:永遠、みことば

 

Scripture(聖書)

5弟子たちの何人かが、のすばらしい石工や壁の装に目をわれ、感心していました。

 

33天と地とは消えてなくなります。けれどもわたしのことばは、永に真なものとして残るのです。

(ルカ21:5、33 リビングバイブル)

 

 

Observation(観察)

弟子たちの目が奪われるほどのすごいものがあった。

それは、神殿の美しい石や壁の装飾であった。

息を呑む美しさに圧倒されたのだ。

 

そんな弟子たちの姿を見て、イエス様はどんなに煌びやかで絢爛豪華な神殿もいつかは滅び、朽ち果てることを教えられ、世の終わり、終末について語り始める。

 

この世にあるものはいつか消えて無くなる。

その一方で決してなくならないもの、永遠のものがあることへ目を開かせていく。

それは「みことば」であった。

 

 

Application(適用)

目を奪われるものがこの世の中にある。

豪邸や高級車を見ると目を奪われる。

先日も散歩していたら、「こんなところにかくも凄い豪邸があったとは・・・」と驚きを覚えた。

 

何に目を奪われるかは人それぞれかもしれない。

しかし、どんなに立派に見えても、それらは一時的で永遠ではない。

 

イエス様はこのように語られたこともあった。

 

朽ちる食べ物のためではなく、いつまでもなくならないで、永の命に至る食べ物のためにきなさい。

(ヨハネ6:27)

 

永遠のみことばを通して、永遠のお方である神に目を向けよう。

終末に生かされている今、ますます熱心に永遠のみことばを宣べ伝えよう。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

北風強めの寒い土曜日です。

体調崩している方々を支え、癒し、お守りください。

世のものに目を奪われ、心を奪われやすいものです。

一時的なものではなく、永遠に目を向けさせてください。

そして、永遠のみことばを宣べ伝える者とならせてください。

イエス様の名前でお祈りします。アーメン

Leave a comment

0.0/5

instagram

New Hope Yokohama © 2024. All Rights Reserved.