「王は主に信頼しているので…」

Topic:信仰、リーダーシップ、ダビデ

 

Scripture(聖書)

王は 主に信頼しているので

いと高き方の恵みにあって揺るぎません。

(詩篇21:7 新改訳2017

 

王は主によりんでいるので、

つまずいたり倒れたりすることは絶対にありません。

あらゆる神々にまさる神のわらないに、

りきっているからです。

(詩篇21:7 リビングバイブル

 

王は主に信するゆえ、

いと高き者のいつくしみをこうむって、

かされることはない。

(詩篇21:7 口語訳)

 

 

Observation(観察)

ダビデの賛歌とされている詩篇。

そして、詩篇20とセットとなっていると言われる詩篇。

 

ダビデの王としての素晴らしさは、戦人としての素晴らしさもあるが、やはり「信仰」なのである。

 

リーダーの資質の第一は・・・主に信頼すること。主により頼むこと。

そのような者は揺るがない!つまずいたり倒れたりすることは絶対にない!動かされることはない!

 

 

Application(適用)

ダビデは王である。国のリーダーである。

国をリードしていく責任がある。

国を守る責任がある。

国を繁栄させていく責任がある。

 

リーダーとして重要なことは何か?・・・

様々な資質が必要だろう。ダビデの時代においては戦人としての資質も必要であっただろう。

 

では、今の時代に求められるリーダーとはどのような者であろうか?

特に「コロナ禍」と言われるような、先が見えない難しい時代において、リーダーの舵取りは混迷を極める。

 

リーダーとして大切なことは何か?・・・

ダビデ王のリーダーシップから学ぶことは「主に信頼すること」。

 

そして、これがリーダーとしての最大の務めである。

時代がどんなに変わろうとも、これは不変の真理である。

 

僕が夫、父、牧師としてすべき務めは「主に信頼すること」である。

 

主に信頼することは、問題から目を背けることではない。

リーダーとしてガチンコで向き合わなければならないだろう。

しかし、目の前に立ちはだかる問題を前にしても、怯えなくて良い。

不安にならなくて良い。

 

主に信頼すれば絶対大丈夫!

 

100人乗っても大丈夫!という物置のCMがあったが、主に信頼する者は絶対大丈夫!

そのような信仰からくる前向き・楽観的な心を持つことである。

 

NHYも2022年に入って、次から次へと変化を迎えている。

しかし、大丈夫!主に信頼すれば絶対大丈夫!

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

あっという間に1月最後の火曜日を迎えています。

この世界はどんどんと変化していきます。

教会も変化を強いられます。

けれども、とこしえにに変わることのない御言葉を与えてくださって、御言葉によって支えてくださって感謝します。

ダビデ王の信仰の姿勢からリーダーとしての大切な心を教えられます。

主よ、あなたを信頼します。

今日もあなたを信頼します。

救い主イエス様の名前でお祈りします。アーメン