「愛が一番大事」

Scripture

一切のことを、愛をもって行いなさい。

1コリント人への手紙16:14 新改訳2017

Observation

全てのことを愛をもって行いなさい。

これがパウロからコリントの教会へのメッセージだった。

Application

最近、怒りやすく虚しい。

愛することよりも苛立ってしまう。ちょっとしたことでも教会の兄弟姉妹に対しても冷たく態度をとってしまう自分がいる。それは家族に対しても顕著である。

他の誰よりも自分が、愛が欠如している。

愛のないものに神はわかりません。

なぜなら、神は愛だからです。

愛が圧倒的に欠けている僕に、パウロは同じく言われた。

「一切のことを、愛をもってしなさい。」

自分の力ではこれは絶対にできない。自分の力で愛そう。愛に生きようとすると結局は、すぐに愛の足りない自分を知る。欠けだらけの自分につまずく。だけど、愛がないならうるさいシンバルやドラと同じである。愛がなければなのだ。

なら、愛のない僕はどうしたらいいのか?

愛である神様から愛する力を与えてもらおう。

愛である神様からスタートしよう。

自分がこんなにクソ野郎なのに、愛されている。そのことをまず、喜び、感謝しよう。一切のことを愛をもってしてくださったイエス様がいるじゃないか。イエス様を忘れて自分が全ての真ん中にやってくるから、いつもイライラして、虚しいのだ。もどかしいのだ。イエス様は何のために愛をもって命をかけてくれたのか。十字架に釘打たれたのか。よみがえられたのか。

全て、こんなどうしようもない僕のためだ。

愛している。

その愛を一心にイエス様は届けてくれた。

Prayer

天のお父さん

愛をもって全てをする事はなんて難しいのでしょうか。すぐに自我が優先されます。自分が可愛いからこそなのか。人を愛せず、愛の欠如に驚きます。自分は愛がないことを認められますように。どうか、あなたの愛を注いでください、あなたの愛を教えてください。あなたのように愛をもって生きられますように。イエス様のお名前によってお祈りします、アーメン。