Skip to content Skip to footer

「心の内で燃え続ける言葉」

Scripture 

9ところが、私は神の使者になることを

やめるわけにはいきません。

二度と主のことを口にしないでおこう、

これ以上、神の名によって語るのはやめようと言うと、

私の心のうちにある神のことばは、

まるで火のように骨の中で燃えています。

そのため、苦しくてたまりません。

エレミヤ書20:9 リビングバイブル訳

Observation 

いつの時代も過酷な状況下で預言者達は神様の言葉を伝え続けた。エレミヤももちろん例外ではない。神の言葉を伝え続けることが自らの使命と受け止めていた彼でさえも「もう神について、神の言葉を語るのはやめよう」と思ってしまうほどの迫害と苦難があった。語れば語るほどに、彼はむしろ苦しんだのだ。

しかし、エレミヤはそれでも語り続けた。

もうやめようと思ったエレミヤを元気付けたのは何だったのか?

Application

みことばだ。

「私の心のうちにある神のことばは、

まるで火のように骨の中で燃えています。」

苦悩しもうやめようと疲れ果てていたエレミヤをそれでも心燃やすのは、やっぱり神様の言葉だった。神様の言葉を伝えれば伝えるほどに迫害にあい、辛い思いをするのに、それでも彼の心を燃やすのは神様の言葉、みことばであった。

イエス様が十字架で死なれ、寂しい思いをして落胆していた弟子の前にイエス様が再び現れてくださったエマオの途上の出来事がある。弟子達は本当に落胆していた。一緒にいるのがイエス様だということも分からないほどに落ち込んでいた。何も目に入らないほどだった。けれど、彼らは共にエマオへの道を歩いたのがイエス様だと知るとこう言った。

そこでふたりは話し合った。「道々お話になっている間も、聖書を説明してくださった間も、私たちの心はうちに燃えていたではないか。」

ルカの福音書24:32

弟子達はイエス様だと気づかずとも聞いていた聖書の言葉、みことばによって心が燃やされる経験をしていたのだ。

1、神の言葉は魂を燃やす

2、神の言葉は元気をくれる

3、神の言葉を伝える使命に生かされている

たとえ、どんななチャレンジがやってこようと心が落ち込もうと何度だって、みことばに支えられ、励まされて再び立ちあがろう。みことばに心を燃やしていただき、なお、神の言葉を宣べ伝えるものとして仕えていこう。みことばに生き、みことばに生かされる人生を歩みたい。

Prayer

愛する天のお父さん

様々なことが起こります。自分が思ってもいなかったことが起こります。それでも変化の世界にあって、決して変わらないあなたのみことばを握り生きます。あなたの言葉、みことばこそ僕の魂を生かし、勇気と元気を与えてくださる言葉。そして時に慰めを与え癒しを与えてくださる言葉です。ここに書かれている通りに生きるものとならせて下さい。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン

Leave a comment

0.0/5

instagram

New Hope Yokohama © 2024. All Rights Reserved.