「子羊の血と証しのことばのゆえに」

Topic:信仰(戦い、告白、十字架、悪魔)

Scripture聖書

兄弟たちは、子羊の血と、自分たちの証しのことばのゆえに竜に打ち勝った。

彼らは死に至るまでも自分のいのちを惜しまなかった。

(黙示録12:11 新改訳2017)

They triumphed over him by the blood of the Lamb and by the word of their testimony;
they did not love their lives so much as to shrink from death.

(Revelation12:11 NIV)

Observation察)

竜とは何か?・・・悪魔である。

この12章には、まるで映画を見ているかのようなサタンとの戦いが描かれている。

悪魔に打ち勝つ方法が明示されている。

①子羊の血

つまり、イエス様の十字架である。

②自分たちの証しのことば

それは、自らの信仰の告白である。

③いのちを惜しまない

信仰による救いを経験しているから死に対する恐れがないのだ。

④死に至るまで

黙示録2:10には「死に至るまで忠実でありなさい」と語られている。

まさに、最後まで忠実でいることが問われている。

Application用)

この黙示録12章における戦いは「終末預言」であるが、今を生きる信仰者に当てはめることが出来る。

なぜなら、私たちも日々、霊的戦いの中に置かれているからである。

ここに記されている悪魔との戦い方は、すべての信仰者が知っておくべき、また備えておくべきものである。

実は、洗礼式での告白においても、このことを問うている。

・十字架のイエス様を罪からの救い主として信じること。

・何があってもイエス様に従っていくこと。

この夏、このコロナ禍の中にあって17名の洗礼式を行うことが出来たことは主の恵みである。

未だ、様々な制限がある中ではあるが、さらに多くの受洗者が起こされることを願い、祈っている。

まず、自らがこの黙示録12:11

兄弟たちは、子羊の血と、自分たちの証しのことばのゆえに竜に打ち勝った。

彼らは死に至るまでも自分のいのちを惜しまなかった。

との御言葉を心に留め、生きていくこと。

同時に、一人でも多くの人に福音を伝え、救いへと導くことが急務である。

なぜなら、もう終わりの時はそう遠くないからである。

Prayer(祈り)

主よ。

今日は久しぶりにPastorsと直接、顔と顔を合わせて共に御声に聞く時を与えてくださり感謝します。

私たちは霊的戦いの中に置かれていることを思います。

悪魔は巧妙です。狡猾です。

僕はアダムとエバのように、簡単に惑わされ、そそのかれてしまうような者です。

主よ、あわれみ、助けてください。

今日も十字架のイエス様が私の救い主であることを信じ、告白します。

あなたが私の神、主の主、王の王であることを告白します。

主よ、霊的に縛られている者たちを救い、解き放つことができますように。

どんな戦い、迫害の中でも、死に至るまで忠実な者とならせてください。

十字架と復活の救い主イエス様の名前で祈ります。アーメン