Skip to content Skip to footer

「今、行け」

Scripture 

“このことばを聞いたモーセは、逃げてミデアンの地に身を寄せ、そこで男の子ふたりをもうけました。

四十年たったとき、御使いが、モーセに、シナイ山の荒野で柴の燃える炎の中に現れました。”

使徒の働き 7章29~30節

聖書 新改訳©2003新日本聖書刊行会

Observation 

モーセはミデヤンの地に逃れてきた。

確信していたものが打ち砕かれ、ボロボロになってミデヤンの地にやってきたのだ。ここで身を寄せて、モーセは40年過ごすことになる。その間、結婚し、男の子を二人授かった。

しかし、その時だ。

燃える柴が現れたと思い近づくと、主の声がしたのだ。

Application

使徒の働き7:34

わたしは、エジプトにいるわたしの民の苦しみを確かに見た。また彼らのうめきを聞いた。だから、彼らを救い出すために下ってきたのだ。今、行け。わたしは、あなたをエジプトに遣わす。

モーセはこの一言をどう受け取っただろうか?

逃げてきた私が?!と動揺したかもしれない。

こんな自分で本当にいいのかと自信を失っていたかもしれない。

また、結婚して家族もできたモーセにとって、ミデヤンは慣れ親しんだ土地となっていただろう。

そこに安心を置いていただろう。

しかし、主はモーセを選ばれた。

モーセをエジプトへと遣わした。

「今、行け」と。

モーセは安心できる地へと逃げてきたはずだった。だけど主は砕かれたモーセを用いられた。

そこに至るまで40年かかった。

だけど、安心しきったモーセを神様は今度、「今、行け」と送り出すのだ。

モーセの心中は穏やかではなかったはずだ。安心がやっと手に入ったのに、神様はモーセにチャレンジを与えられた。一度は傷つき、砕かれたモーセ。安心しきっているモーセに新しいチャレンジを与えられたのだ。

しかし、モーセがこれに応答した先にイスラエルの民の解放があった。

神様は確かにモーセを用いて、彼を通してイスラエルの人々を救い出されたのだ。

主に「今、行け」と呼ばれて、躊躇しても信仰の一歩を踏み出すのなら必ず祝福される。いや主はビクビクしながらでも一歩踏み出すその信仰を用いて素晴らしいことをされる偉大な方である。

Prayer

愛する天のお父さん

あなたは不思議な方です。傷ついて逃げてきたモーセを40年かけて癒し、家族を与えました。しかし、モーセをそこからさらにあなたは用いるためにチャレンジしました。「今、行け」とモーセを呼ばれた生ける神が今日もおられることを覚えます。いつ何時でもあなたの「今、行け」という様々な事柄における信仰のチャレンジに一歩踏み出すものへと変えてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。

Leave a comment

0.0/5

instagram

New Hope Yokohama © 2024. All Rights Reserved.