Topic:力

 

Scripture(聖書)

9律法がどのように命じているかを理解すると、人々はみな泣きだしました。それで、エズラをはじめ、督の私や佐役のレビ人たちは、こう言いかせました。「このような日に泣いてはならない。きょうは神である主のなる日ではないか。 

10ごちそうを食べてお祝いし、しい人には施しをする日なのだ。神である主を喜ぶことこそ、あなたがたの力なのだ。しょんぼりと悲しそうにしていてはいけない。」 

(ネヘミヤ8:9-10 リビングバイブル)

 

8しかし、があなたがたに下る、あなたがたは大きな力を受け、エルサレムからユダヤ全土、そしてサマリヤから地の果てまで、わたしの死と活をえる人となります。」

(使徒1:8 リビングバイブル)

 

 

Observation(観察)

崩れていた城壁はネヘミやのリーダーシップのもと、見事に再建された。

しかも、内外からの攻撃があったにも関わらず驚くべきほど、短期間で完成した。

しかし、もっと必要な再建は霊的な再建、信仰の再建であった。

 

人々のリクエストで水の門の前の広場でエズラが聖書朗読を始めた。

エズラが聖書を開くと「人々はいっせいに立ち上がり、理解できる者は熱心に耳を傾けました」(5節)。

 

座ったのではない。一斉に立ち上がったのだ。

このシーンを想像すると鳥肌が立つ。

みことばに対する飢え渇き、そして神を畏れる心があらわれている。

 

この大リバイバル集会と言っても過言ではない礼拝で、エズラが語った言葉の1つが有名な・・・

 

神である主を喜ぶことこそ、あなたがたの力なのだ。

 

 

Application(適用)

クリスチャンになりたての頃、よく賛美していた曲の歌詞を思い出す。

 

主イエスを喜ぶことは あなたの力です

感謝をささげることは あなたの力です

朝に夕に とこしえまでも

王なる主をたたえましょう

朝に夕に とこしえまでも

王なる主をたたえましょう

 

当時、まだネヘミヤ記など一度も読んだこともないし、そんな書が聖書にあることすら知らない(笑)。

しかし、この賛美が「主を喜ぶことが私の力なのだ」とシンプルに教えてくれた。

賛美って偉大だなあ。

 

誰もが自分の非力さ、無力さを覚えることがあるだろう。

特に、99%がノンクリスチャンと言われる、日本において信仰者であるはずの自分の無力さに打ちのめされるようなことがあるだろう。

 

しかし、聖書は語る。

 

主を喜ぶことがあなたの力である、と。

 

また十字架の死からよみがえられたイエス様は弟子たちに・・・

 

8しかし、があなたがたに下る、あなたがたは大きな力を受け、エルサレムからユダヤ全土、そしてサマリヤから地の果てまで、わたしの死と活をえる人となります。」

(使徒1:8 リビングバイブル)

 

と語られた。

 

①私たちの力の源は主にある。

 

②今日、主を喜ぼう。

 

③聖霊に満たされることを祈り求めよう。

 

 

Prayer(祈り)

主よ。

私たちの力の源はあなたにあります。

己の内には力ではなくて、弱さしかないのです。

それゆえ、ただあなたにより頼みます。あなたを信頼します。あなたを求めます。

そして、今日あなたを喜びます。

あなたに愛されていること、ゆるされていること、選ばれていること。

神の子とされている、あなたとの関係を喜びます。

そして、聖霊に満たされることを求めます。

主よ、満たしてください。

救い主イエス様の名前でお祈りします。アーメン