Skip to content Skip to footer

Ears Open and Mouth Closed

Scripture

‘ As you enter the house of God, keep your ears open and your mouth shut. It is evil to make mindless offerings to God. Don’t make rash promises, and don’t be hasty in bringing matters before God. After all, God is in heaven, and you are here on earth. So let your words be few. ‘

Ecclesiastes 5:1-2 NLT

Observation

As I read these verses, I was reminded of we should approach God. Yes, He is our Heavenly Father and we can come before Him in every and any situation because of what Jesus Christ has done for us on the cross. Yet as King Solomon says, we need to keep our ears open and mouths shut. Perhaps I am the only one, but I sometimes come before God irreverently and even in a nonchalant manner. I may say prayers that are half-hearted and lack the respect that God deserves. God knows our hearts and prayers before we even ask, so we ought to keep our hearts in check. Are we being reverent and surrendered? Is our mind somewhere else instead of being present with God? I know it irritates me when someone calls for me and talks to me when they are distracted and not fully present. I know God is so much more patient than I am, but I need to be more respectful and surrendered to God when I approach the house of God.

Application:

What came to mind after reading these verses is that I need first to quiet my heart and surrender myself before God. Kneel if I must, but take a moment to quiet my heart and thoughts before Him. Often I say what I need from God and close it with an “Amen” and done. Rather, my ears need to be open to the Holy Spirit speaking to me. Prayer is communication with God and that means it is a two-way activity. I need to let God speak into my heart and really listen to Him.

Prayer:

Dear Heavenly Father,

I come before You and ask for Your forgiveness for the times I have spoken too much and listened too little. Thank you for your words to me today. I choose to make my words few and show you the proper respect. I love you and ask of this in Your Name, Jesus Christ. Amen!

聖句

‘ 神の家に入るときは、耳を開き、口を閉じていなさい。神に対して心ない供え物をするのは悪である。軽率な約束をしてはならないし、神の前に問題を持ち出すことを急いではならない。神様は天におられ、あなたはこの地上におられるのですから。だから、あなたの言葉は少なくしてください。’

伝道者の書5:1-2 NLT

観察

この聖句を読みながら、私たちが神様に近づくべきことを思い出しました。イエス・キリストが十字架上で私たちのためにしてくださったことのゆえに、私たちはどんな状況でも神様の前に出ることができるのです。しかし、ソロモン王が言うように、私たちは耳を開き、口を閉じておく必要があります。私だけがそうなのかもしれませんが、不遜な態度で、しかも淡々と神様の前に出てしまうことがあります。中途半端な祈りをしてしまったり、神様への敬意を欠いたりすることもあります。神様は、私たちの心や祈りを、お願いする前から知っておられるのですから、私たちは、自分の心をしっかり持っていなければなりません。私たちは敬虔に身を委ねているだろうか。私たちの心は、神様と一緒にいるのではなく、どこか別のところにあるのではないでしょうか?私は、誰かが私を呼んだり、話しかけたりするとき、気が散って完全に存在していないとき、私をイライラさせることを知っています。しかし、私は神の家に近づくとき、もっと神を敬い、神に委ねる必要があるのです。

応用編

この聖句を読んで思い浮かんだのは、まず心を静めて、神様の前に自分を明け渡す必要があるということです。必要であればひざまずき、神の前に自分の心と考えを静める時間を持つことです。私はしばしば、神様に必要なことを言い、「アーメン」と言って終わりにしてしまうことがあります。そうではなく、聖霊が語りかけてくださることに耳を開く必要があるのです。祈りは神とのコミュニケーションであり、それは双方向の活動であることを意味します。私は、神が私の心に語りかけ、神に耳を傾ける必要があるのです。

祈りましょう:

親愛なる天の父よ、

私はあなたの前に出て、私が話しすぎ、聞きなさすぎだったことについて、あなたの赦しを求めます。今日、私に語ってくださったことを感謝します。私は自分の言葉を少なくし、あなたに適切な敬意を示すことを選びます。私はあなたを愛し、あなたの御名、イエス・キリストによってこれを求めます。アーメン!

 

Leave a comment

instagram

New Hope Yokohama © 2024. All Rights Reserved.