Priceless Redemption

Scripture:

“Yet they cannot redeem themselves from death by paying a ransom to God. Redemption does not come so easily, for no one can ever pay enough”

Psalms 49:7 and 8

Observation:

The sons of Korah wrote these Psalms after seeing how much their father loved wealth. Wealth can pay for things, but wealth cannot buy redemption. Can one pay for their redemption by doing good things? Can one pay for their redemption with their status? Can one pay for redemption by being a good person? It matters nothing for us to try offer anything to gain our redemption.

The Psalmists stress their is only one way to do this and that is by the ultimate sacrifice of God’s own Son to be sacrificed. Even offering the blood of sacrificed animals could not do what only the Son of God could do. We are saved through Jesus – that’s it. Our wealth or works will not do it, it is our  faith in the saving grace that Jesus offers that is the Priceless Redemption.

Application:

It is still an issue that I still carry with me to feel forgiven by doing good works. Like the works that I do will please God and make Him forget the wrong I have done. So wrong! In Ephesians 2:8-9 it reads, “For by grace you have been saved through faith; and that not of yourselves, it is the gift of God; not as a result of works, so that no one may boast.” It is a gift, paid in full by Jesus’ blood. We are forgiven and redeemed from our past, present, and future sins. It has all been covered! What an undeserved gift from God to us!

When we get into the mode to try to do things to make up for wrongs we have done to feel “good enough” to be forgiven, it is a trap! We are already good enough! The way things are done here in this world may call for us to make it up or pay for our mistakes, but that should never be applied to our relationship with God. 

Prayer:

Lord Jesus, thank you so much for what you have done for us on the cross. We look forward to Easter to worship you for your sacrifice, the priceless cost you paid to redeem us. Help us to remember the grace we have been given. Help us to live a full of faith in that stir us to good works, but let us never fall to the lie that we are saved by our works. Thank you so much Jesus! We worship and praise you for what you have done! Hosanna! Hosanna! Thank you for saving us! In your Precious Name, Jesus! Amen!

“しかし、彼らは神に身代金を支払うことで死から贖うことはできない。贖いはそう簡単にはできない、誰も十分に支払うことはできないからだ”
詩篇49:7と8

コラの息子たちは、自分たちの父親がいかに富を愛しているかを見て、この詩篇を書きました。富は物を買うことができますが、富では贖いを買うことはできません。人は良いことをして贖いを得ることができますか?人は自分の地位で贖いを支払うことができるでしょうか。良い人になることで贖罪を支払うことができるでしょうか?自分の贖いを得るために何かを提供しようとすることは、私たちにとって何の意味もありません。詩篇の作者たちは、その方法はただ一つであり、それは神ご自身の御子が犠牲になるという究極の犠牲によるものだと強調しています。いけにえの動物の血を捧げても、神の御子だけができることはできませんでした。私たちはイエスによって救われる、それだけなのです。私たちの富や行いではどうにもならず、イエス様が提供してくださる救いの恵みへの私たちの信仰こそが、値段のつけられない贖いなのです。

良い行いをすることで赦されたと感じることは、今でも私が抱えている問題です。私が行う行いが神を喜ばせ、私が行った悪いことを忘れさせてくれるような。それは間違いです。エペソ2:8-9には、「あなたがたは恵みによって、信仰によって救われたのです。これは、イエス様の血によって全額支払われた贈り物です。私たちは、過去、現在、未来の罪から赦され、贖われています。すべてがカバーされているのです。これは、神様から私たちへの報われない贈り物です。赦されるのに十分だ」と感じるために、自分が犯した過ちを埋め合わせるために何かをしようとするモードになると、それは罠です。私たちはすでに十分な存在なのです。しかし、それを神との関係に適用してはなりません。

主イエスよ、十字架で私たちのためにしてくださったことを心から感謝します。私たちはイースターを楽しみにしています。あなたの犠牲、つまり私たちを贖うために払ってくださったプライスレスな代償のためにあなたを礼拝します。私たちが与えられた恵みを思い出すことができるように助けてください。しかし、私たちが自分の行いによって救われるという嘘に陥らないように助けてください。イエス様、本当にありがとうございます。あなたがしてくださったことについて、私たちはあなたを礼拝し、賛美します。ホサナ! ホサナ!ホサナ!ホサナ 私たちを救ってくださり、ありがとうございます。あなたの尊いお名前で、イエス様! アーメン