神様との対話

Topic 御心

Scripture

12主の使いはギデオンの前に立ち、「勇士よ、主はあなたとともにおられる」と告げました。

13ギデオンは答えました。「初めてお目にかかりますが、どうか教えてくれませんか。主が共におられるのなら、なぜ、こんなことが次から次へと起こるのですか。先祖から聞かされました。主がエジプトから導き出してくださった時には、驚くべきみわざがたくさん行われたと。なのに、今はどうです。そんなみわざのかけらもないではありませんか。もう主は私たちを見捨てて、ミデヤン人にしたい放題をさせ、踏みつけられるに任せておられるのです。」

士師記6:12−13 リビングバイブル訳

Observation

他の神々を礼拝し偶像が蔓延っていた時代

神様はついに怒りが頂点に達し、ミデヤン人を通してイスラエルの民を裁かれた。イスラエルの人々は強いミデヤン人に苦しめられついに彼らは神様に助けを叫び求めた。

そんな時、神はギデオンという一人の男を選び出される。

Application

神はギデオンを選ばれ、主の使いを送りギデオンにこう告げさせた。

「主がともにおられる」

これを聞いたギデオンは、「神様がいるなら大丈夫だ!よしやってやる!」とそうはならなかった。

「神様がいるなら、どうしてこんな苦しい出来事が次から次へと起こるのか?」ギデオンはそう言い返した。さらにもっと言い返す。「エジプトから導き出した神が奇跡をたくさん起こされたことを聞いてきた。でも今は全然違う。もう主は私たちのことなんて見捨てているんでしょ?」

ギデオンの心は何て正直なんだろうか。

彼はこの後、神が共にいるならそのしるしを見せてくださいと神様とやり取りをする。そして、神様は彼に本当に主が共におられることを示される。

ギデオンは神様に語られたその時、すぐに応答できなかった。

彼の中にある疑問、恐れ、また自己卑下、全てを神様にぶつけた。

それはプライドがあったらできなかったことだし、正直に心開かなくてはできないことだった。

その神様との対話、やりとりの中で彼は「神は共におられる」と体験する

僕はどこかで神様とのやり取りをスキップしてしまう。

本当は心のどこかで思っていることや疑問があるのに、それをまるでないかのように表面的に取り繕ってしまう。でも神様は聖書の中でこのように言われる。

わたしを呼べ。そうすれば、わたしは、あなたに答え、あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。

エレミヤ書33:3 新改訳第三版

神様は呼びかけ、問うなら応えて下さる。

1、神様ととことん対話しよう

2、神様の思いを知ったらな、ギデオンのように行動に出よう

3、主は必ず答えてくださる

Prayer

愛する天の神様

自分の中にあるものをあなたにぶつけることをせず、見て見ぬふりをしてしまいます。でも、ギデオンのように素直になってあなたに問いかけ、あなたと対話する中で答えてください。あなたの思い、あなたの心を今日も教えてください。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン。