「神に近づくことができる」

Topic:希望(イエス・キリスト、祭司)

Scripture(聖書)

だれも、祭司によっては神との正しい関係べなかったのです。しかし、今はいます。私たちは、もっとすぐれた希望を与えられています。キリストによって神に受け入れられた私たちは、神に近づくことができるのです。

(ヘブル7:19 リビングバイブル)

Observation(観察)

祭司の重要な務めは、人の罪のささげものをして、神からの罪の赦しをいただくことである。

そのことによって、人々が神に受け入れられた者となり、神に近づくことができ、神のいのちと恵みを受け取ることができる。

しかし、その一方で祭司制度の限界もあった。

ところが、完全なる大祭司としてイエス様が現れてくださったのだ。

①かつては神との正しい関係を結べなかった。

②しかし、キリストによって神に近づくことができる。

③これこそ希望。

Application(適用)

四人の娘がいるが、上三人の娘はティーンエイジャー。

いわゆる多感な思春期である。

それゆえ、父親であっても簡単に近づくことはゆるされない(笑)。

かつてはいつも膝の上に座り、抱っこしていたのに、今ではなかなかハグすらさせてくれない。

それはそれで、大人の階段を上っているのだから仕方ないと受け止めているが、かつてのように近づくことができないのは少し寂しいのだ。

適度な距離感というのは人間関係においても大事なことだ。

けれども、近づくことがゆるされないというのは、なかなかストレスフルでもある。

特にコロナ以降、ソーシャルディスタンスが求められ、物理的には距離を開けることが推奨されている。

人間はアダム以降、罪の性質が入り、エデンの園を追放され、神に近づくことができなくなった。

しかし、罪赦され、神に近づくことが出来るという、歓喜に満ちた希望がイエス様の十字架によって与えられたのだ!

①イエス様の十字架を感謝する。

②大胆に神に近づく。

③この希望を伝えていく。

Prayer(祈り)

主よ。

爽やかな土曜の朝を感謝します。

朝イチの信友たちとのSurfing sessionも感謝します。

神に近づくことが出来る、なんと光栄なことでしょうか。

相応しくない者を受け入れてくださり感謝します。

この希望を感謝します。

この希望を証しする者とならせてください。

NHYがこの希望を証し続けることができますように。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン