「愛のレザージャケット」

Topic:愛(神、犠牲、罪)


Scripture(聖書)

神である主は、アダムとその妻のために、皮の衣を作って彼らに着せられた。(創世記3:21 新改訳2017)

The LordGod made garments of skin for Adam and his wife and clothed them. (Genesis3:21 NIV)

Observation(観察)

アダムとエバは残念ながら罪を犯した。

その結果、エバには出産の苦痛が与えられ、アダムにも労働の苦痛が与えられ、さらにエデンの園を追放されることとなってしまった。
自らが蒔いた種とは言え、踏んだり蹴ったりなのである。

しかし、それでもなお人間を愛する神の優しさがある。
神は二人のために「皮の衣」を作って着せてくださったのだ。

つまり、二人のために動物が殺され、血が流されたのだ。

罪を犯した二人を覆うために。

Application(適用)

神は、犯した罪をただ責めるだけではない。
罪を犯して恥を隠すようになったアダム達は自ら「いちじくの葉」で腰の覆いをしていた。

しかし、神はそれよりもはるかに大きく、丈夫で、暖かな着物を作ってくださったというのだ。
ここで忘れていけないことは、その皮衣ために動物の血が流された、ということ。

同じように、私たちの愛で覆うために、神は御子イエスの血を流されたのだ。


・・・愛はすべての背きをおおう。(箴言10:12 新改訳2017)

何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです。(第一ペテロ4:8 新改訳2017)


僕の内には人の罪をおおうほどの愛がない。

むしろ、人の罪をすぐに責めてしまいやすい。

しかし、自分も恵みによって罪赦されたことを忘れてはならない。

イエスが十字架で血を流してくださったことを忘れてはならない。


①御子イエスの十字架の愛でおおってくださることを感謝する。


②人の非を責めるのではなく、愛でおおうことができるよう祈る。


③互いに熱心に愛し合う。

Prayer(祈り)

主よ。

2021年の2日目の朝を迎えました。

朝ごとに新しい主の恵みを覚えています。

昨日は新年礼拝を愛するNHYオハナと共にささげました。

やはり、互いに顔を見ながらの礼拝は嬉しい楽しい喜びの時でした。

そして1日開けて明日が2021年最初の日曜礼拝!楽しみです。

毎日ワクワク!毎日喜び!毎日恵み!

何より今日も愛され、赦されている喜び!

主よ、あなたの愛には到底及びません。

ちっぽけな愛しかありません。

どうか、あなたのように愛する者とならせてください。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン