「恵みの追いかけっこ」

Topic:恵み(人生)


Scripture(聖書)

まことに 私のいのちの日の限り いつくしみと恵みが 私を追ってくるでしょう。私はいつまでも 主の家に住まいます。(詩篇23:6 新改訳2017)

Observation(観察)

人生には緑の牧場もあれば、死の陰の谷を歩くような時もある。

しかし、恐れなくて良い。

羊飼いとして私たちを守ってくださる主がいるのだから。

主を羊飼いとするなら、いのちの日の限り、つまり一生涯、恵みが追いかけてくる。

Application(適用)

何度読んでも美しい詩篇である。

世界中で最も愛され、最も朗読されている詩篇であろう。

普通、追われるのは恐ろしく、嫌なものである。

ところが、この詩篇23の追いかけっこはホラーでもサスペンスでもない。

恵みの追いかけっこなのだ。

明るく嬉しく朗らかな追いかけっこだ。

これが信仰者の歩みなのだ。

コロナがどうのこうの、あるいはワクチンがどうのこうのと振り回されず、恵みが追いかけてくることを期待し、喜び、楽しめば良いのだ。


さあ、今日も恵みが追いかけてくるぞ。この日を喜び楽しもう!

Prayer(祈り)

主よ。

風が強めですが、少しずつ春が近いづいていることを感じる土曜日です。

緑の牧場もあれば、死の陰の谷を歩くこともある、それが人生です。

でも、あなたが羊飼いですから安心です。

これまでも守られてきました。

これからも、いつも守ってくださることを感謝します。

恵みが追いかけてくることをワクワクしつつ、今日という日を精一杯めい一杯喜び楽しみます。

不安や恐れの中にある方々が恵みに目を留め、平安を得ることができますように。

尽きることのない恵みに感謝して、恵みの主イエス・キリストの名前で祈ります。アーメン