「奇跡を阻むもの」

Topic:奇跡(不信仰)

Scripture(聖書)

このような人々の不信仰のために、そこでは、ほんのわずかの奇跡を行われただけでした。(マタイ13:58 リビングバイブル)

Observation(観察)

イエスの故郷ナザレでの出来事。故郷でも会堂でメッセージを語った。

しかし、そこで待っていたのはイエスに対する尊敬とは真逆の批判、反感だった。そして、この13章は衝撃的な言葉で締めくくられている。


このような人々の不信仰のために、そこでは、ほんのわずかの奇跡を行われただけでした。

Application(適用)

25年くらい前だったと思うが、神学校の授業で「奇跡は新約聖書の時代で終わりました」と教える教授の言葉に驚いた。
なぜなら、僕は奇跡を信じているからだ。

それは、2000年前に奇跡を行われた主が今も生きて働いておられることを信じているからだ。

そして、今も変わらずに奇跡を信じている。

奇跡を信じるというより、主を信じているのだから、奇跡が起こることも信じるのだ。
奇跡が起こらないとするならば、それはナザレと同じで不信仰ゆえである。

信仰があるところに奇跡は起こるのだ。


確かに主はよく奇跡のシーンでこう言われる。「あなたの信仰があなたを治したのです」(例、マルコ5:34)

信仰とは何か?・・・


信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。昔の人々はこの信仰によって称賛されました。信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、したがって、見えるものが目に見えるものからできたのではないことを悟るのです。(ヘブル11:1〜3)

信仰は言い換えると、神への信頼である。また、それは御言葉への信頼である。パウロはローマ書でこう語っている。

信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。 (ローマ10:17)

僕自身も様々な奇跡、御業を体験してきた。

このコロナ禍と言われる中にあっても、奇跡を体験している。
しかし、不信仰な自分、自己中心的な自分もしばしば発見する。

もっと主が奇跡を行うことが出来たのかもしれないのに、己の不信仰がそれを阻んでいることもあるのかもしれない。


今朝、目覚めたことも奇跡。こうして、日曜の朝、聖書を通して御声を聴くことが出来るのも奇跡。
もっと大胆に主を信頼し、御言葉を慕い求め、奇跡を体験する者となっていこうではないか。主は今も生きておられる!主は奇跡を起こされる!


You are Waymaker, Miracle Worker, Promise Keeper, Light in the darknessMy God, that is who You are(Way Maker歌詞より)

Prayer(祈り)

主よ。

爽やかな日曜日の朝を感謝します。

日本中、世界中でこの主の日に礼拝がささげられます。

すべての教会の礼拝を祝福してください。

全世界で主の御名が高らかにほめたたえられますように。

あなたが今も奇跡を起こされる神であることを信じます。

これまでも数々の奇跡を体験してきました。感謝し、御名をほめたたえます。

主よ、ナザレの人々のように不信仰によって、あなたの奇跡を阻むことをしたくありません。

信じない者ではなく、信じる者にならせてください。

NHYをあなたの奇跡の手足とし、あなたの奇跡の1部とし、奇跡を証する教会とならしめてください。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン