「すべてを捨てて」

Topic:献身(弟子)


Scripture(聖書)

11岸へ上がると、彼らはすべてを捨てて、イエスに従いました。

28イエスの誘いに、レビは何もかも捨てて立ち上がり、あとに従いました。

(ルカ5:11、28 リビングバイブル)

Observation(観察)

イエスに従っていった男たちが描かれている。

漁師だった、ペテロ、ヤコブ、ヨハネ。

取税人だったレビ(マタイ)。
共通点は・・・
すべてを捨てて従った、ということ。

何もかも捨てて従った、ということ。

Application(適用)

聖歌「神の御子にますイエス」の歌詞が思い出される。
神の御子にます イエスのために

罪を敵として 立つは誰(たれ)ぞ

すべてを捨てて 従いまつらん

わがすべてにます 王なる主イエスよ

何もかも捨てる。すべてを捨てても惜しくはない。

それほど圧倒的な魅力をイエスは持っていた。
捨てるということは簡単なようで案外難しい。

それゆえ、「断捨離」ということが流行るのだろう。

僕も捨てることが苦手である。

少年時代をアフリカで過ごした影響もあるのか、なんでももったいないと思ってしまうところがある。


しかし、信仰の世界においては「捨てる」ことが重要なのだ。

イエスの弟子となるということは、ただイエスを信じるだけではない。

この世に未練を残しながら生きるのではない。

すべてを捨てることなのだ。
改めて、自らの献身を問われる思いがする御言葉である。

そして、イエスの弟子になることは、すべてを捨て従う価値があることなのだ。主に召されるということ、主の弟子となることは、栄えあることなのだ。


①主の召しに感謝する。

②すべてを捨てているか己を点検する。

③ペテロたちがイエスの魅力に圧倒されたように、イエスを証する。

④すべてを捨ててイエスに従う弟子を発見し、育てる。

Prayer(祈り)

主よ。

御言葉によって己の献身を改めて探られる思いがしました。

あなたに召されて、従ってきました。

しかし、いつの間にか抱えているもの、捨てきれずにいるものが増えていたかもしれません。

改めて、あなたに召されていることを感謝し、献身します。従います。

また、NHYが多くのキリストの弟子を生み出す教会となりますように。

救い主イエスの名前で祈ります。アーメン